■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:17-1-22

子どもが幼稚園に入園したら、
ママが弁当を作るのは当然のことだろう。

幼稚園児は脳の臨界期を迎えるという
脳にとって最も大事な時期なので、
ママの手作り弁当で安全な形で栄養を補給していないと、
脳のシナプスを激増させて行けなくなってしまう。

ママの手作り弁当であればこそ、
子どもはママの母性愛を感じるし、
弁当を通じて様々な遣り取りを可能にさせ、
それが脳にとっていい刺激になる。

幼稚園の方が
ママに対して気を利かして給食を行うというのは、
「ありがた迷惑」に属するものなのであり、
確かにママたちは
給食によって弁当を作る手間暇を省くことができるが…

そのために
ママは子どもに対する栄養管理の意識が薄れてしまい、
必ずしも子どもの心身に
いい影響を与えているわけではないのだ。

ママが子どものために
せっせと弁当を作ることは正しい行為であっても、
奥さんが夫のために弁当を作ることは
必ずしも正しい行為とは言えない。

夫は家を出て、職場に行ったら、
下手に家族のことを持ち出すべきではないのであって、
そうやって公私混同を徹底して避けるからこそ、
仕事が機能化するということが起こるのである。

奥さんとしては夫のために弁当を作ることは、
自分の愛情表現だと思ってしまう。

だからこそ、その弁当は単なる弁当ではなく
「愛妻弁当」と言われるのであって、
その弁当自体は大いに評価されるものだ。

しかも奥さんが自宅で弁当を作れば、
夫は午後食代を大いに節約できるために、
家計を潤してくれるものである。

しかしだからといって、
その愛妻弁当がそれに対応するだけの効果を
発揮しているとは限らないのだ。

奥さんが夫のために弁当を作っていいのは、
時と場合によりけりなのである。