■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:28-4-21

巷には、様々なダイエット法がありますが…
少し間違ったダイエットというのもあるみたいなんですよね。

まず、思い浮かぶのが
「単品ダイエット」や「断食ダイエット」
というものです。

これらは極端に食事量が減りますので、
すぐに体重も減らすことができますが、
体質に必要な栄養素が不足してしまい、
逆にリバウンドを起こしやすくなってしまいます。

また「下剤」などを利用して、
体質の中に溜まっている不要なものを排出するという
ダイエット方法もありますが、
過度に使用すると脱水症状を起こすこともあります。

これは体重が減ったとしても一時的なもので、
脂肪が減ったわけではありません。

このようなダイエットを行なっていると、
体質にどのような影響がでてくるかということですが…

カルシウムなどをきちんと摂ることができないと
「骨粗しょう症」になってしまったり、
食生活の乱れによって
脳にある食欲中枢がコントロールを失ってしまい、
過食や拒食などの摂食障害を起こしてしまいます。

さらに、
卵巣の機能も乱れてしまい、女性ホルモンの分泌低下など
婦人科系にも悪影響がでてきます。

その結果として、
現代の女性に多い生理不順や無月経、無排卵など
不妊症につながるトラブルへとつながってしまうのです。

このように、
間違った危険なダイエット方法を続けていると、
さまざまなトラブルが体質に起こってしまう可能性が大きいです。

健康的にきれいにダイエットしたいならば、
正しいダイエットを行なうことです。
焦らずにコツコツとやることが大事ですよ。

明日はいい日だ。がんばろ〜^^