■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能

老眼と言われているものは、一度進行してしまうことによりもう二度と元には戻らないと思っている人が多いようです。
しかし老眼というのはレーシック手術を受けることによって元通りの視力に回復をさせることが出来るのです。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックは、目の表面の角膜の形をレーザーによって矯正していき、光の屈折の具合を調節する視力回復手術です。
ですので遠視でも近視でも、レーシック手術をすることで、元に戻すことが出来てしまうのです。

 

老眼というのは、つまりは遠視ということになるので、近視と同様にレーシックの手術で治療出来るのです。
つまり遠視で悩みを抱えている人は、信頼することの出来るレーシックのクリニックで相談をしてみることをオススメします。



■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能ブログ:30-4-21

ダイエットには、
食パンのほうがいいと感じている人が多いようですね。

実際、ご飯は、腹にガッツリときます。
少量でも重さがあるので、ダイエットをしている人の中には、
控えようとする人が多いようです。

たしか食パンは
かわいくて、食べやすく、味も濃くて、軽いし、すぐに空腹を満たせます。

しかし、ちょっと待ってください。
食べればすぐに満腹感を得られますが、
またスグに腹が減りやすいと思いませんか。

小麦粉からできているため消化が早く、すぐに満腹感を得られます。
しかし吸収が早いぶん、血糖値は急上昇のあと急降下で元に戻り、
腹持ちが悪く、すぐにまた腹がすいてしまうのです。

少量のパンで一時的に空腹を満たせても、
すぐに腹が減ってしまい、またパンを口にする…
結果として、ご飯以上に高カロリーをとることになりがちなんです。

そして忘れてならないのは、
意外と油分を多く使っているということです。

何もつけずに、食パンだけを食べる人は少ないでしょう。
味付けのためバター、チョコレート、クリームなどの
油分を使うことになる場合がほとんどのはずです。
そのため、食パンは少量でも意外と高カロリーになるのです。

しかし、ご飯は違います。
食パンよりも消化が悪いため、満腹感が長く持続します。
ですから、食パンよりもご飯のほうが腹持ちがいいのです。

ゆるやかに消化され、血糖値もゆるやかに上昇し、
肉体への負担も小さいのです。

「食パンにするか、ご飯にするか」
ダイエットが成功するかどうかは、ここで決まるのです。