■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

七騎の会
http://xn--u9j630g7xa460t.net/
七騎の会へ



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:29-4-21

減量はしたいけど、体操はしたくない!
…という方は、たくさんおられるでしょうが、
ボクが思うに、体操することが一番手っ取り早くて、
簡単な減量だと思います。

カロリー計算をして、減量をする方もいますが、
毎食、毎食、カロリーのことを考えて食べる事をするというのは、
本当に大変なことで、腹が満たされないだけではなく、
精神的なストレスもたまってしまいがちです。

それならば、
日々3食のカロリー計算をして減量をするよりも、
2日に1回、もしくはみっかに1回、
三十分だけ減量のことを考える方が、
よっぽど簡単だとボクは思うのです。

日々、減量のことを考えなくて良い!
それで、どれだけ精神的に楽になるか…
みなさまもぜひ一度試してみてください!

それに、これまで
「体操なしでも痩せられる○○減量」が、
数多くは登場し消えていった理由を考えると、
ネーミングだけの減量方法が、
いかに商品を売りたい企業の戦略かということがわかると思います。

ボクは、実際に体操を始めてみて思ったのですが、
体操は、ダイエットのためだけでなく、
日々の生活を元気に暮らすためにも、とても効果的です。

体操をしている状態は、肉体を軽くしてくれますから、
自然と何をしていても気分が良くなってくるんです。

逆に、体操をしていないと、すぐに肉体が疲れてしまって、
気分まで「早く休みたい」「早く座りたい」とだらけがち…

「体操をすると疲れる」と思って、これまでしてこなかった方は、
「体操をすると元気になる」と考えを変えて、
体操してみてはどうでしょうか?