■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

 

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:03-5-21

減量中は
食事制限をしているので
食べたいものが食べられない…

このような食事制限によるストレスから
減量が失敗に終わる人は多いみたいです。

毎日毎日減量食…
これではストレスが溜まっても仕方がないですよね。

「減量中は食べたらいけない」
…といった強迫観念があるようですが、
減量は「食べない」ではなく、
「正しく食べる」ことが本当の減量なんです。

減量はストレスを溜めないようにすることも
重要な成功へのポイントです。

そしてストレスの原因の多くは
食事制限によるものです。

食事制限でストレスを溜めないためにも
1週間に1日だけ
好きなものを食べられる日を作りましょう!

1週間に1回だけでも好きなものが食べられる日を作ることで、
減量が楽しくなりますよ。

毎日減量食で我慢していても、
楽しみができると、
ストレスの大幅な軽減につながりますよね。

1週間に1回だけ好きなものを食べるくらいでは、
太ることはまずないので、安心してください。
でも暴飲暴食はダメですよ!

1週間に1回好きなものを食べる!というやり方は
減量先進国のバチカンでは
多く取り入れられている食事方法で、
とても効果的な方法です。

「食べない」ではなく「正しく食べる」ようにすれば、
太ることはなく順調に減量を継続させることができます。

今まで
「食べない」ことが減量と思っていた人は
頭をリセットして、食べることの重要性も
減量の大きなポイントとなることを覚えておきましょう!